■■  ■  ■  ▲  ■  ■ ■  ■ ■■▲ ■    ■■■  ▲   ■  ■
■  ■  ■■  ■■  ■■  ■  ■ ■__▼ ■    ■     ■■  ■\■
■  ■   ■  ■__■  ■   ■  ■ ■  ▲ ■ ■ ■■  ■__■ ■  ■
 ■■    ■  ■  ■  ■    ■■  ■■▼ ■    ■    ■  ■ ■  ■
                                   "OYAYUBI-FAN" forum since 2005

OYAYUBI-FAN Home

このスレッドに返信する
OYAYUBI-FAN親指LIFEBOOK ≫ スレッド : 不可解なマウスカーソル移動
1
  全 1 ページ
名前 コメント
鐵槌堂
2011-04-07 02:44


不可解なマウスカーソル移動
色々な環境で親指をつかつてゐます。前々から(VISTA登場の頃からか)気になつてゐた不可解な現象があります。それは、ある種のLIFEBOOKで、カーソルが思はぬ所に飛んでしまふことが、時に起きてゐたことです(特に変換キーを押した直後が多い)。外付けのUSBキーボードではこの現象はおこりません(従つて、デスクトップPCではおきない)。
ただ更に不可解なことに、ある種のLIFEBOOKではおきない、この現象が起きてゐるのは、どうも圧倒的少数派のやうである、等、原因がわからず、といつて、注意してゐれば実害はなく、今日まで放置して来ました。
それでもどうしても気になるので、ネットで同様の現象が起きてゐないか、鋭意検索してみたところ、そのものズバリの現象ではないものの、やや似た現象の報告があり、そのやりとりを見てゐて、一つ気がついたことがありました。それは……

  この現象は、どうやら、タッチパッドとの干渉に原因がある

といふことです。ここでハタを気がついたことがあります。それは、この現象が起きるのは、自分でVISTAなり7なりをクリーンインストールしたLIFEBOOK(『ばかり』かどうかは?)で起きてゐることです。
記憶でいひますと、少し前のLIFEBOOKでは、BIOSでタッチパッドをOFFにすることが出来ましたが、いまメインでつかつてゐる E780/E では、BIOSに当該項目がなく、ON/OFFは、WINDOWS上でする他ありません。
ただ、クリーンインストールすると、コントロールパネルのマウスの項目に、タッチパッドON/OFFの設定項目がなくなつてしまつてゐて、少々困りました。
そこで、何とか制御するツールはないものか、探してみたところ、

  Synaptics Pointing Device Driver

を入れると、ON/OFFが出来ることが分かり、インストールして暫く運用してゐますが、カーソル飛びは、それ以降、起きなくなりました。完全に終息したのかどうかはわかりませんが、何となく安定してゐる感じがします。

長々と書きました、お許し下さいませ。


1
  全 1 ページ
このスレッドに返信する


Powered by F-board Ver0.3