■■  ■  ■  ▲  ■  ■ ■  ■ ■■▲ ■    ■■■  ▲   ■  ■
■  ■  ■■  ■■  ■■  ■  ■ ■__▼ ■    ■     ■■  ■\■
■  ■   ■  ■__■  ■   ■  ■ ■  ▲ ■ ■ ■■  ■__■ ■  ■
 ■■    ■  ■  ■  ■    ■■  ■■▼ ■    ■    ■  ■ ■  ■
                                   "OYAYUBI-FAN" forum since 2005

OYAYUBI-FAN Home

このスレッドに返信する
OYAYUBI-FANOASYS ≫ スレッド : OASYS 30-SF
1
  全 1 ページ
名前 コメント
Pooh兄

2005-03-01 23:40


30SX
私は後継機の30SXを使っていました。
当時、アマチュア無線のBBSをFM-8の半角カナで覗いたりしていたのですが、TERMコマンドのバッファがすぐにあふれて止まってしまったりしておりました。
有線のBBSもやってみたかったこともあり、MS-DOSが使えて安い日本語端末が欲しかったので、画面が他の機種と比べて圧倒的にきれいだった30SXを購入。今でもこれの24ドットフォントモノクロ画面には満足しています。反応は遅かったですけどね(^^;)
結局これについていたNIFTYのイントロパックで入会したのがNIFTY歴の始まりです。NIFTYにアクセスするようになって、他の個人でやっていたり地域にあったローカルなBBSにはだんだんといかなくなったものです。市外電話でしたからねぇ。
無線BBSは半角カナだったので、やはりいかなくなりました。

この時から、自宅環境も親指シフトでした。(それまでは会社で親指、自宅はJISカナ(FM-8じゃかな漢字変換とかなかったですから)
だったので、今でも両刀遣いです。といっても、他人の環境でもないかぎり、Japanistで親指化して使ってますけどね。


宍戸 岩[GAN☆]

2005-03-01 07:19


Re :
鉄槌堂さん、こんにちは(^^)

やはり、鉄槌堂さんもディスプレイに『高級感』を感じて
いましたか。とにかく24ドット表示は綺麗でしたね。

私はNECのN5200というパソコンが初めて触ったOA機器だった
ので、よけいそう感じました。
なにしろ、当時のパソコンのディスプレイの表示能力は貧弱
でしたからね(^_-)

大きな機種でしたけど、とても愛着があったものです。
その後は液晶ディスプレイに移行しましたが、今でもあの
SFのCRTディスプレイは忘れることが出来ません。

鉄槌堂

2005-02-22 10:38


30SF
宍戸さん、僕も、SF、持つてゐたと記憶してゐます。『記憶』だなんてあやふやなことをいふのは、SF2かもしれないからです(^_^;)
確か画面表示が24ドットで、非常に『高級感』がありました。AF系のユーザーに、この点だけで優越感を感じてゐたものです。
勤務先に置いて、休み時間に、niftyにアクセスしてゐました。

【武井】

宍戸 岩[GAN☆]

2005-02-22 08:54


OASYS 30-SF
私が21歳の春に購入した記念すべき最初のワープロ専用機でした。当然親指シフトキーボードです(^^)v

OASYS 30-SF
http://www.ykanda.jp/catalog/30af/30sf-1.htm

そのすぐあとにSF2が発売されるとも知らず、確か12万ほどで購入したと思います。そりゃ安いわけだ(笑)
当時1年間の研修中にNECのN5200という業務用PCで論文を書かなくてはならなくなり、キーボード入力
の際のイライラが頂点に達したときに親指シフトキーボードのOASYSを貸してくれた友人には
今でも感謝しています。あの出逢いが無ければOASYSの良さや親指シフト入力の心地よさをきっと
知らないままだったと思います。

その時のワープロ専用機がOASYS LiteF-ROM9
http://www.ykanda.jp/catalog/from/from9.htm

これがまた思いのまままるで書くように打てて本当に感動したものです。

さて、SFですが、
今思えば、あの12インチCRTのホワイトカラー画面に黒文字で綴る快感は贅沢だったと思います。
今までであれ以上に見やすい疲れないディスプレイは無いと確信しています。

そんなSFですが、FMR-50NB1の購入を機に友人に貰われていきました。SFって大きかったから
置く場所に苦労してたんですよね。でももったいなかったかな?

1
  全 1 ページ
このスレッドに返信する


Powered by F-board Ver0.3