■■  ■  ■  ▲  ■  ■ ■  ■ ■■▲ ■    ■■■  ▲   ■  ■
■  ■  ■■  ■■  ■■  ■  ■ ■__▼ ■    ■     ■■  ■\■
■  ■   ■  ■__■  ■   ■  ■ ■  ▲ ■ ■ ■■  ■__■ ■  ■
 ■■    ■  ■  ■  ■    ■■  ■■▼ ■    ■    ■  ■ ■  ■
                                   "OYAYUBI-FAN" forum since 2005

OYAYUBI-FAN Home

このスレッドに返信する
OYAYUBI-FANOASYS ≫ スレッド : FMR-50NB1
1
  全 1 ページ
名前 コメント
武井和人[鐵槌堂]

2005-03-01 13:36


NB1の思ひ出
宍戸さん、いやあ、面目無い。

NB1、購入したはずなのですが、本当に、キーボードに関しては記憶がないんです。といふもの、当時、メインマシンはFMRのDP系でして、NBは、半ば遊びで購入したやうなもの。余り使ふこともなく(正確にいへば、FORUMで質問があつた時の検証マシン、といふ位置づけだつたと思ひます)、しばらくして、安住の地を得て、わが手元から去りました。

現在、DP−PCは、自宅・勤務先、すべて、コンパクトUSB親指をつなげてあつて、これが『独立型』なんですね。やはり、この方が圧倒的に手に馴染みます。

武井和人[鐵槌堂]



宍戸 岩[GAN☆]

2005-03-01 07:09


FM-OASYSは使いやすかったですよね。
鉄槌堂さん、こんにちは(^^)

鉄槌堂さんもやはり購入しましたか(^^;
富士通初のノートパソコンでしたからね。
購入してすぐにHDD搭載モデルが発売になった時は、
ちと悔しかったですけどね(^^;

FM-OASYSの起動の速さはホント抜群でした。
たぶん、今使ってもストレスを感じないと思いますよ。

FMR-50NB1は純正親指シフトキーボードが載ってました。
つまり、独立型の親指シフトキーボードです。
これが、ワープロ専用機OASYSに負けないくらいにいい
感じだったのです。

ノートパソコンというジャンルでは抜群に使いやすい
キーボートだったと記憶しています。

鉄槌堂さんともあろう方が記憶にないというのはとても
残念ですが、当時はノートパソコンの出始めでしたから
無理もないかもしれませんね。

武井和人[鐵槌堂]

2005-02-22 10:39


NB1
宍戸さん、これも買ひました(^_^;)
FM-OASYSがROMになつてゐて、起動が抜群に早かつたですね。
キーボードのタッチは、不覚に、記憶がありませんが……

武井和人[鐵槌堂]

宍戸 岩[GAN☆]

2005-02-22 09:14


FMR-50NB1
SFに別れを告げて、次に購入したのがFMR-50NB1でした。

なぜワープロ専用機じゃないのかって?
単純にPCに興味をもったからです。

ちょうどノートパソコンが出た頃で親指シフトキーボードのノートパソコンってこれしか
選択肢が無かったのでした。

これにFM-OASYSと携帯プリンターを持って自宅と職場を何度も往復したのが懐かしいです。
当時はまだMS-DOSの勉強と携帯ワープロ専用機替わりという使い方しかしていませんでした。
使いたくても専用ソフトは高かったし、まだNIFTYの存在も知らず、フリーソフトなんて...

しかし、このFMR-50NB1ってノートパソコンの親指シフトキーボードとしては史上最高の
使い心地だったと今でも思っています。FM-OASYSもMS-DOS用のソフトではなかったので
すごく使いやすかったですね。

このPC、実は1997年まで使い続けていました。その間に買い足したのはFM秘書と
携帯モデムですね。このあとに購入したOASYS 30-LX605でNIFTYを知り、通信用モバイル
マシンとしても使ってました。携帯プリンターと携帯モデムを合わせると恐ろしく重い
モバイルマシンでした(笑)

1
  全 1 ページ
このスレッドに返信する


Powered by F-board Ver0.3