■■  ■  ■  ▲  ■  ■ ■  ■ ■■▲ ■    ■■■  ▲   ■  ■
■  ■  ■■  ■■  ■■  ■  ■ ■__▼ ■    ■     ■■  ■\■
■  ■   ■  ■__■  ■   ■  ■ ■  ▲ ■ ■ ■■  ■__■ ■  ■
 ■■    ■  ■  ■  ■    ■■  ■■▼ ■    ■    ■  ■ ■  ■
                                   "OYAYUBI-FAN" forum since 2005

OYAYUBI-FAN Home

このスレッドに返信する
OYAYUBI-FAN親指シフトキーボード ≫ スレッド : 第5報 PS2→USB変換器経由で直接接続時のモードずれ発生防止法
1
  全 1 ページ
名前 コメント
おーこし
2012-02-08 22:58


この手の話題のスレッドの乱立について
そもそも、聖人さんがあれだけ詳細に分析している結果をまともに読めば、
当のメーカーが何故、とっくの昔にマイコン方式に見切りをつけたのか、
自明の事と思っておりましたが、どうやらそうでもないということなのでしょうか?

そもそも、これだけエミュレータが普及している今、
互換モードを使ってまでFMV-KB611に拘られるのは何故でしょうか?
USBキーボードで満足されない理由は、共用型親指シフトに拒否感があるからでしょうか?

あるいは、FMV-KB611に拘るのであれば、PS/2コネクタ接続し、
キーボードドライバを普通に使わないのは何故でしょうか?

自己の研究成果を発表したいのであれば、
いろいろなスレッドに書き散らすのではなく、
まとまったサイトなりスレッドなりに整合性を持って、
発表すべきではないかと思います。

思った程の反響が無いのは周知が不十分だからではなく、
車輪の再発明に対し返信の必要を感じないだけ、
あるいは現時点で、そういう使い方を指向する必要を感じないからではないでしょうか?

せっかく研究されていることですので、
あまり水を差すような事は言いたくなかったのですが、
不必要にスレッドが乱立されている点に対し、
辛抱出来ずに書いてしまいました。

ひさやん

2012-02-08 00:29


第5報 PS2→USB変換器経由で直接接続時のモードずれ発生防止法
KB-611,KB-211の将来を考えてみた場合、富士通あるいはサードパーティより最新OSに適合したドライバーソフトが提供されるとは考え難く(KB-211はXPまで、KB-611はVistaまでの提供となっており、その後の見通しは全くなし)これらの資産を有効活用するためには、ドライバーの役割を利用者が果たすしかない状況におかれている。これらのことを認識すれば、モードずれ処置のために若干のわずらわしさが起こることはやむをを得ないと割り切るのが得策といえるだろう。
私の経験では、その手間は大したものではなく、ほとんど無視できるものであると考えるが、これは個人差がかなり左右されると思われるので、本当に使いこなせるかどうかは一度挑戦してみたらいかがでしょうか。
モードずれが発生するのは、APの立ち上げ時、切り替え直後に発生するのみで、通常のかな、英字入力時の切り替え操作ミスを行わなければ,モードずれは発生せず、そう気にする必要はないものと思われます。
本方法の便利な点としては、USB接続のためにどのようなパソコンにも随時接続が可能であること、利用者の環境に影響を与えないこと、パソコンの環境が大幅に変更にならない限り
(JIS-106/109キーボード環境下)適用できるなどの将来性がある方式といえる。
◎ モードずれの代表的パターンとして次の2種類がある。
日本語入力モード時 「はときいん」→「くまのりれ」JISかなモードになる場合
IMEがオフ時 「HJKL;」→「FSGEY」
※モードずれを防止する方法としては、
1)Japanistを利用する場合 適用環境スタイル:OAK モードずれは発生しない。
キーボード指定:JIS-106/109キーボード
快速親指シフト:off
OAKは特別なくせを持っているために慣れるまで取っ付きにくいが、慣れれば指の指運が最小になる様にキー配置が選定されているために、指の動きが最小に抑えられる。
2)ATOKを利用する場合 キー・ローマ字:スタイルOAK/Win(106キーボード用)選定 入力補助:カナ入力時自動的にカナロックを行う。にチェックをつける
上記のように環境設定、プロパティの項目を設定すれば、モードずれは発生しない。
3)MS-IMEを利用する場合 特別なる防止法はなし(操作手順に留意する)


1
  全 1 ページ
このスレッドに返信する


Powered by F-board Ver0.3