■■  ■  ■  ▲  ■  ■ ■  ■ ■■▲ ■    ■■■  ▲   ■  ■
■  ■  ■■  ■■  ■■  ■  ■ ■__▼ ■    ■     ■■  ■\■
■  ■   ■  ■__■  ■   ■  ■ ■  ▲ ■ ■ ■■  ■__■ ■  ■
 ■■    ■  ■  ■  ■    ■■  ■■▼ ■    ■    ■  ■ ■  ■
                                   "OYAYUBI-FAN" forum since 2005

OYAYUBI-FAN Home

このスレッドに返信する
OYAYUBI-FANWINDOWS10 ≫ スレッド : WINDOWS10 一般
1 23
  全 3 ページ
名前 コメント
NKT

2017-02-21 10:22


追加情報
補足します。DvorakJを停止した状態なら、Japanistは「かな入力」の設定で親指シフトが正しく動作します。
つまり通常Japanist使用時はDvorakJを停止しておき、Edgeなどで文字入力するときに、DvorakJを起動してATOK2017やMS-IMEに切り換えれば、引き続き親指シフトで入力できることになります。

NKT

2017-02-20 22:02


ストアアプリで親指入力する
EdgeなどではJapanistを使った親指シフト入力ができません。困っていたのですが、先日『DvorakJ』というソフトを見つけました。
残念ながらやはりJapanistでは駄目ですが、ATOK2017やWindows10のMS-IMEとDvorakJを組み合わせるとEdgeでも親指シフト入力できました。この書き込みもそうです。
現在試したところでは親指ノート(S761D)とデスクトップにつないだUSBキーボード(FMV-KB232)で、多少もたつきますが何とか使えました。注意点は次のとおりです。
DvorakJ側の設定でもATOK2017やMS-IME側の設定でも「ローマ字入力」にしておく必要があります。またATOK2017のキー設定ではMS-IMEという項目に合わせないと文字化けします。(OAK/Win という項目もあるが駄目)なおDvorakJを導入した状態でJapanistとATOK2017やMS-IMEを両方切り替えて使うにはJapanistもローマ字入力にしていないとうまく変換できなくなるようです。


2016-08-31 02:03


ANNIBERSARY UPDATE と IPv6・続
少し事態が把握出来ました。

なんらかの拍子でIPv6が通つたとしても、再起動をかけるとまた駄目になつてしまひます。
どうも、IPv6の方のDNS取得情報が、再起動をかけるとうまく再構成されないのではないかと思へます。

そこで、以下のBATファイルを作り、不可状態で実行してみました。

IPCONFIG /RELEASE6
IPCONFIG /RENEW6

結果はOKです。再起動すると駄目なことには変はりありませんが、上記BATを実行すれば復活することを確認しました。

さすがにこのBATファイル、スタートアップに入れてはゐませんが……



2016-08-31 01:08


ANNIBERSARY UPDATE と IPv6
ANNIBERSARY UPDATEを色々なPCにインストールしてゐますが、勤務先の親指ノートがなかなか厳しいことになつてゐる他は、なんとかなつてゐます。OASYS、親指は、問題なし。

一つ気になつてゐたことがあります。
どういふ訳か、IPv6がインターネット不可になつてしまつてゐるのです。色々な設定をリセットすると、まれに繋がることもあるのですが、時間がたつとまた駄目になつてしまひます。

ネット検索をしてみると、海外でも同様の現象が起きてゐるみたいですから、MS側の問題なのでせう。

復旧?がうまく出来た事例を一つ紹介しておきます(恒久的な対策ではないと思ひます)。
一旦、IPv4だけをOFFにして再起動。その上でIPv4をONにする。



2015-09-23 08:25


CeleromMとNX
NKTさん

詳しい説明、有り難うございます。
なるほど、CeleronMでもさういふ違ひがあるのですね。
僕も以下のサイトを参照して確認しました。

http://www16.plala.or.jp/pasoken/4tec/cpu005.html#CEL

むしろ非対応は少数派ですね(^_^;)


NKT

2015-09-22 20:22


補足
すみません。誤字がありました。
『私の所有する830MGだ使われている』は『830MGで使われている』の入力ミスです。

ところでWindows8・8.1のインストール条件を見ますと『CPU: PAE、NX、SSE2 をサポートする 1 GHz 以上のプロセッサ』と書いてありました。
おそらくWindows10でもこの条件が引き継がれていると思われましす。Windows10インストール条件では触れてないですが。

最近まで親指ドライバがなくて、Windows8・8.1を使おうとは考えもしなかったから気づかないでいました。


NKT

2015-09-22 18:30


情報ありがとうございます
鐵さま 情報ありがとうございます。

私もいろいろ調べてみたのですが
(1)私の所有する830MGだ使われているCPU(CeleronM)にNXに関する機能がないようです。なんでもNXは2004年ごろから使われだした機能らしく、同じCPUでも後期のものだとあるらしいです。CrystalCPUIDやCPU-zで調べてみましたが 私のは機能なしでした。
(2)BIOSの設定項目にもそれらしいものがありません。(バージョン1.06)

何とか このnxチェックをすり抜ける方法がないかといろいろやってみましたか、いまのところは何度やってもだめでした。
NB40SNは2006年製。私のMG君は2004年製というところが明暗の分かれ目みたいです。 


2015-09-22 14:55


NX
NHKさん

をかしいなあ、と思ひ、少し調べてみました。
NX云々は、BIOSの設定みたいですね。例へば、以下のところをご覧下さい。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/what-is-pae-nx-sse2



NKT

2015-09-22 09:58


再び残念な報告
鐵さま 助言に励まされて再挑戦したのですが・・・

インストール用のファイルを用意して実行しようとしたところ
『お使いのプロセッサで NX がサポートされていないため、Windows 10 をインストールできません。』という表示が出て それ以上先に進むことができませんでした。

AMDのプロセッサが動作してIntelはだめ・・・なんですね。
Celeronってだめなのか。

まぁこれで諦めがつきました。



NKT

2015-09-22 07:53


助言ありがとうございます
鐵さま 助言ありがとうございます。
実はNB40SNは予約画面を確認せずに、MSのサイトから直接ダウンロードしてインストールを開始したため、ひょっとしたらこちらでも『インストール不可』のコメントが出ていたかもしれません。

NB40SNのCPUがOKなら830MGもいけそうな気がしてきました。

時間が取れましたら 再度挑戦してみようと思います。ただWindows7をインストールした時も、グラフィックボードのドライバがなくて『!』がついたままなので、そちらの方も気になっています。

1 23
  全 3 ページ
このスレッドに返信する


Powered by F-board Ver0.3